石は一期一会

Posted on 3月 21, 2017 in 彫金, 雑談

20170321-IMG_7326

ここのとこ大した作業もしていないので、今日は石の紹介など。
写真はモンタナアゲート(たぶん)。アゲートは「めのう」ですね。
モンタナ洲で取れるからモンタナアゲートなんですが、透明感と美しい模様が特徴です。
アゲートは1つ1つ個性があって、楽しいです。
これは小さな蝶(みたいな模様)が気に入っています。見えますかね?
写真がへたなのであれなんですけど、夕焼けの地平線へ飛んでいく鳥のようにも見えます。

私が彫金教室に通い始めた頃、同じ時間帯に通ってた女性がしょっちゅう石(ジュエリー用の裸石)を買ってました。
いっつも石買ってますねと聞くと、家にもたくさんあるのと言うので、そんなにどうするんですか?と聞いたら、「分からないけど買ってしまうのよ!」と困りながら笑っていました。
その時は意味が全然分からなかったのですが、今は分かります。
天然石って、一期一会なんですよね。
見つけた時に手にいれないと、たぶん二度とお目にかかれない。
のちのち「あの時見た石みたいな感じの石が欲しい…」と探しても、なかなか見つけられないのです。
そういうことが重なると、「あっこの石素敵だな」と思ったら、用途がなくてもとりあえず買っておこう、となります。
結果、裸石がどんどん増えていくことに…。

その女性は途中で教室を辞めてしまったのですが、家に大量にあると言っていた裸石はどうなったのかなあ。
と、自分の石ケースを眺めながら時々思います。