お手入れとチェーン

Posted on 11月 17, 2016 in 彫金, 雑談

ちょうど1年くらい前に作った鹿の角ネックレス

20150802-img_4141-2

今年の春〜夏にかけてだいぶ活躍してくれました。
小さくてもきらりと光るダイヤモンド!
メレでもやっぱりダイヤはいいなあ(メレダイヤ=0.1ct以下の小粒ダイヤのことです)。

しかし春夏、気温が上がる頃のネックレスってすぐ汚れますよね。
この鹿角ネックレスも、すごく細いチェーンを使っているので、気付くと「あれ、なんかくすんでる?」みたいな色に。
よく「ジュエリーのお手入れ」として「柔らかい布で〜」とか「お手入れ用クリームで〜」とかいろいろ書いてありますが、使ったあとさっと水洗いしておくだけでもだいぶ違います。手を洗うついでとか。
ジュエリーのくすみとか汚れって、たいてい皮脂なんですよね。皮脂を残しておかなければ結構もちます。
しまう前によーく水気はふき取って下さいね。

とか人に言っておきながら、私の場合はジュエリー洗浄液とか研磨機とかでガーーーッと磨いていました。
そしたらちょうど1年後の先月、チェーンがプチッと切れました。プチッというか、パキッというか、パリッというか。
別に強い力をかけてないのに、ポテトチップスが割れるくらいの雰囲気で切れました。
え?と思って丸カンで繋げようと、切れたところのチェーンをペンチでひねったら、また隣のコマがパリッと切れた…。
1箇所修理したそばから、全然別の箇所が切れるの繰り返し。

チェーン全体がよわよわになってました。
洗浄液のせいか、研磨しすぎなのか、それともこの細いチェーンの寿命なのか。
よく分からないですが、外出してる時に切れて紛失するのが一番悲しいので、修理は諦めてチェーン交換することにします。

強くひっぱったりした訳でもないのに、チェーンが切れた時は要注意です。
早めに交換した方がいいかも。