まだ商品が届かないけど、どうなってるかしら?

Posted on 3月 24, 2016 in Etsy

2月のある日、そのメッセージは届きました。
「こんにちは!まだ商品が届かないけど、どうなってるかしら?」

20160227-IMG_6468

Etsyで販売をしていて、一番怖い瞬間です。
注文番号から調べてみるとなんと去年のクリスマス前に発送済みの商品。あて先はブラジル。
ブラジルかあああ…。
前にもメキシコで配送トラブルがあったので、嫌な予感がします。
南米は郵便事情があまり良くないんですよね。

ともかく追跡してみます。付けてて良かった国際書留!
すると、荷物は発送から2日後には成田から出国していて、そこからはもう記録がありませんでした。
メキシコの時は、メキシコ側の通関に入ってからずっと止まっていて、それでも1ヶ月半かかってなんとか到着したのですが、今回は入国した記録がない上に既に2ヶ月経過しています。
ああ、どっか移動中に無くなっちゃったんだなあ私のラペルピン…。

国際書留(や保険付郵便物や国際小包など)は、差し出しから6ヶ月以内であればどうなったのか調査をしてもらえます。
それで調査の結果「亡失」と判断されると、賠償が請求できます(上限6,000円)。
なので、まずお客様には「トラブルが起きてごめんなさい。今キャンセルしますか?それとも正式な調査を待ちますか?」とご連絡します。
すると「主人へのギフトだったのだけど、主人があと20日くらい待てると言ってるから、待つわ」とのご返事。
ご主人…ごめんなさい…たぶん出てこないと思うけど…

という訳で、調査請求を始めます!

必要なもの
1)発送した時のあて名ラベル控え
2)調査請求書(こちらからダウンロードできます)

調査請求書はエクセル書類になっていて、裏表印刷する必要があります。
上記ページに記入例がありますが、海外に出すので全部ローマ字で記載。
記入できたら、ラベルの控えと一緒に、差し出した郵便局に提出します。

ところで、調査請求書の下の方に「発見された場合の取り扱い」という欄があって、「依頼主に戻す」か「受け取り人に送る」かを選択するようになっています。
でも郵便局で聞いたところ、基本的に「依頼人に戻す」というチョイスは選べないようです(海外の郵便局はわざわざ返送してくれない)。
これがブラジルだけなのか、世界的にそういう対応なのか分かりませんが、注意が必要だなと思いました。

で、調査請求書を郵便局に出しに行ったんですが、もうほんと「大変申し訳ございません!ご迷惑をおかけしてすみません!」と何度も平身低頭で謝罪されて、こちらこそ申し訳なかったです。
だって、日本からは出国してるんですよ。もうそこで、ほとんど日本郵便のお仕事って終わってるじゃないですか。
海外の郵便事情が悪いことで起きたトラブルなのに、なぜ日本郵便がそこまで何度も謝る必要があるのか…。
提出して帰ってきたら、電話が掛かってきて「本当に申し訳ありませんが、調査に1ヶ月程度かかる見込みでございます」とまた謝罪。
お仕事とはいえ、気の毒になってしまいました。
海外の郵便局の人なんて「微笑んだら負け」ってレベルで無愛想だったのですが、日本の郵便の人はもうちょっとドライでもいいです…。

調査の結果については、また次回。