いぶしを使っています。

Posted on 10月 24, 2015 in 制作中, 彫金

もともと燻し(いぶし)ってあんまり好みじゃなかったんですが、最近いろいろと燻しています。

燻しというのは、銀を特殊な液に浸けて、化学反応でわざと黒く変色させることです。
特殊といっても要は「硫黄」なので、温泉にシルバーリングを着けて入ると真っ黒になってしまうのと同じです。
燻してちょちょっと磨くと影ができて、立体感や武骨感が出てくるので、いろんなタイプのシルバーアクセサリーで重宝されています。
私はピッカピカに磨いたシルバーの輝きが好きなので、燻しは普段あんまりやらないです。

ただ、牛スカルのリングは、編みリングを使ってるのと、たくさん使ってるパールを引き立たせたいのもあって(というか、ピカピカのシルバーに2mmのパールは想像以上に目立たなかった)きつめに燻しています。
今回の熊スカルも同じように燻しました。

20151023-IMG_5801
燻したとたんにスカル独特のザラザラした雰囲気が見えてくるのが楽しいです。

あと、この間作ったメキシカンスカルも、顔が分かりにくいので燻してやりました。

20151014-IMG_5746
ガングロからの

20151015-IMG_5748
良い感じ!
顔や額の模様がよく分かるようになりました。