ビーズの穴を大きくしたい

Posted on 3月 15, 2015 in 挑戦中

ビーズの穴を大きくしたーい!

今作ってるブレスレットにビーズを使う予定なんですが、穴のサイズが全然合わない。
どれくらい合わないかというと、行ったはいいけど帰ってこれないレベル(分かりにくい)。
でも本当は、行って帰ってもう1回行く、ぐらいの道幅が欲しいんですよね(分かりにくい)。
平たく言うと1mmφ以上は欲しいけど0.8mmφくらいしかないってことです。
0.2mmで全然違うんですよね。

初めは径サイズ重視で探していたんですが、そうするとビーズ自体がめっちゃ大きくなってしまう。
使いたいのは小さいビーズなのだけど、それはみんな小さい穴ばかり。
それで店頭で絶望してたんですが、らちがあかないのでもうそのちっさい穴のビーズを買ってきました。

というわけで手作業で1mmφまで拡張します!

用意するもの
・タッパーに水
・リューター
・ダイヤモンドドリル(1mmφ)
・ダイヤモンドバー

ダイヤモンドなんとかっていうのは、ダイヤモンドの粉を圧着させた先端工具のことです。
粉とはいえダイヤは固いので、ガラスや金属をガリガリ削ることができるわけです。
ただ、高温になると圧着がはがれてきてしまって工具がダメになってしまうので、摩擦熱には要注意。
今回はかなり負荷がかかるので、タッパーの水の中で作業します。

IMG_5132
まずこれがダイヤモンドバー。
もともとの穴にいきなり1mmのドリルが入れば楽なんですが、そう簡単にもいかないので、まずこのとんがったやつで少しずつ大きくして行きます。

IMG_5129
水の中で低速回転で削ります。片方の穴をある程度まで広げたら、逆の穴も同じ感じで削っていきます。
この時、焦って力を入れると一瞬でビーズが欠けますので、あくまでも低速でじっくりちょっとずつ進めます。

IMG_5135
入り口がある程度削れたら、ドリルでトンネルを完成させます。
バーだけだと、中の方が全然削れてないんですよね。なのでこのストレートドリルを貫通させて均一にします。

IMG_5130
できましたー。
左が作業済み、右が作業前。ピント甘くて見づらいですけど、穴のフチの部分がなくなっているのが分かるかな。

IMG_5136
ちなみに、素手で作業していたら左手の指先もダイヤモンドでガリガリ削られてしまい、気付いたら血がでるほど傷だらけでした(水が冷たいので痛みを全然感じなかった)。
これはまずいと、手袋したりビーズをペンチでつまんだりいろいろやってみたんですが、最終的にバンドエイドで指先を保護しておくのが一番作業しやすくて良かったです。ゴムの指サックとかテーピングでもいけるかも。
ビーズをつまむ左手はなんらかのプロテクトをお忘れなく!

試行錯誤しながらFPビーズ20個と練りターコイズ20個やって、だいたい1時間半くらいでした。
慣れてきたら欠けもなくなったので良かったです。
今度は天然石でもやってみる予定。